school

【レポート】12/10(木)ASHIYA RESUME school01②

「一歩踏み出す、はじめてのライティング講座」の2回目を2018年12月10日(木)に開催しました。

受講生には1回目(10/22)以降、実践としてASHIYA RESUMEのイベントを取材し、記事を作成するという宿題が出されており、他のschoolの講座やマルシェに取材班として足を運んでいただいていました。

2回目の今回は、作った記事をみんなで見ながら、講師の林 拓真さん(株式会社ICC)によるフィードバック。受講生のみなさんはきっとドキドキされていたのではないでしょうか。

まず、フィードバックの前に、文章を作成するにあたり留意点のレクチャーがありました。
漢字とひらがなの量の比率は?専門的な言葉が出てきたらどうすればいい?など、読みやすく、情報が読み手にきちんと伝わる文章を書くためには、気をつけなくてはいけないことがたくさんあるんですね。
そのほかにも、校閲のための便利なツールや、資料の紹介もありました。

さて、いよいよお待ちかねの講評会。林さんによるフィードバックです。
「はい、ではまず声に出して皆さんの前で読んでみましょう」
自分の文章を確認するためには大切な作業なのだとか。確かに、声に出して読んでみると自分の文章を客観的に見つめられますね。
林さんの丁寧でときに厳しいアドバイスを聞き逃すまいと、受講生の皆さんは真剣にメモを取られていました。
同じイベントを取材した受講生も数名いましたが、感じ方は人それぞれ。他の方の書き方を見て学ぶ、そんな機会にもなったようです。

全2回に渡って開催された、はじめてのライティング講座はこれで終了となりますが、ライティングスキルを身につけた皆さんの今後の活躍が楽しみですね。

みなさんの宿題レポート完成版は、ASHIYA RESUMEのWEBページにて公開中です! 想いが詰まった渾身の一作、ぜひご覧ください!

>>>レポートの一覧はこちら

 

概要

一覧へ戻る